目を引くポスターデザインを作るコツ


“ポスターは印刷物でもかなり面積の広いもので、印刷デザインとしてもとても大きいものです。 もしポスターデザインで目を引くようなものを作りたいのであれば、いくつかのコツを知っておくといいでしょう。 ポスターデザインで一番大事なのは、何と言ってもキャッチコピーです。キレイな写真なども素敵です市、ビジュアルに訴えたいときもあるでしょう。ただ、ポスターデザインの場合はある程度目を引くものとしてキャッチコピーがあります。このため、まずはキャッチコピーに力を入れましょう。フォントや見やすさはもちろん、きちんと掲載している情報を理解しておきましょう。 もう一つは配置です。ポスターデザインの際には面積が大きくついいろいろな物を掲載しがちですが、いろいろなものを掲載してしまうとガチャついた印象になり、汚くなります。何が言いたいのかわからないポスターは目を引く前に目にとめてもらいにくい傾向があります。余白をしっかりと取ることはもちろん、他の素材との距離感なども意識し、場合によっては大きさを変更するなどしてしっかりと素材を引き立たせましょう。 また、ちょっとしたテクニックではありますが、人の顔写真は人の注目を集めやすいと言われています。ポスターの場合はもし掲載の時に人の顔があったら積極的に掲載し、ポスターデザインとして成立させましょう。その一方で、もし商品として掲載したいものに合わないと感じたら、掲載しないという判断も必要になります。”